TANGO OPEN TANGO KYOTO JAPAN

CONCEPT

more
人をひらく。
道をひらく。
夢をひらく。

世界のクリエイターの視点から日本を眺めると、
TANGOと呼ばれるエリアには創造力を刺激する美の素材が、
未曾有に埋蔵されているらしい。

これまでの伝統やモノづくりの枠にとらわれない未来へ。
TANGOのトビラは、次の時代を作る人々のためにひらかれている。
日本文化を未来へ紡ぐ新たな美の始まりが、ここTANGOから。

京都・丹後で育まれた絹織物の歴史。
1720年に誕生した「丹後ちりめん」は着物の代表的な生地として和装文化を支えてきた。
伝統と格式がもたらす、素材の上質感。
そこから培った唯一無二の魅力と技法。
世界へ、そして未来へ。
次の300年へ向けての新たな挑戦が丹後から始まっている。
TANGO OPEN――。2020_2320

textile